§  更新日:   §  本日:   §  あなたは 人目の訪問者です。  §  
  1. ホームページ
  2. 協会紹介
相模原市野球協会について

  相模原市野球協会は、相模原市少年野球協会を傘下に、(公財)相模原市体育協会、全日本軟
 式野球連盟、神奈川県野球連盟に加盟し、高校野球、中学校野球に対して協力体制をとっている
 軟式野球の競技団体です。

  設立は、戦後間もない昭和21年3月10日、青少年に夢と希望を与えるため、野球を通しての
 人間づくりを精神とし、人と人とのふれあいの大切さをモットーに、当時相模原の中心であった
 上溝を本市の野球発祥の地として3チーム(上溝、橋本、淵野辺地区)でスタートした。
  相模原の市制施行は昭和29年11月20日、相模原市体育協会の前身である高座郡体育協会設立
 が昭和27年5月17日ですから、歴史のある競技団体ということができます。

  現在では、高校生年齢層以上で構成された204チーム、中学年齢層1チームと地域で編成され
 た小学生が少年野球協会に85チームが登録。 相模原市体育協会に加盟する種目団体は33ありま
 すが、その中でも古い歴史をもつ組織の1つで、会員は少年を併せると6,500人を超える市内最
 大のスケールをもつスポーツ団体です。

  節目の年には、記念事業を実施。創立40周年を迎えた昭和60年には記念誌「一球入魂」を、
 平成8年には創立50周年記念誌「50年のあゆみ」、平成17年には60周年記念誌「4270試合」、
 本年、平成28年6月に創立70周年記念式典の開催とともに記念誌「70年のあゆみ」を上梓した。