§  更新日:   §  本日:   §  あなたは 人目の訪問者です。  §  
  1. ホームページ
  2. 加入基準

相模原市野球協会への加入

   相模原市野球協会の大会、相模原市民選手権に出場するには、協会に加入する必要があります。
  加入すると上部団体である神奈川県軟式野球連盟大会、(財)全日本軟式野球連盟大会、国体に参加する
  ことができます。

相 模 原 市 野 球 協 会 加 入 基 準

 1.加入条件等

 (1)チーム構成の定義
    加盟申請のできるチームは、相模原市内に在住・在勤・在学する高校年齢層以上の者(16歳以上
    で性別は問わない)で構成された次のいずれかに該当するチームとする。
    ただし、職業野球競技者および他の団体に登録されている者は、加盟できない。

  @ 事業所チーム
   ア.市内事業所に所属する者で構成し、登録人員の3分の2以上が同一職場に勤務する者で編成して
     いるチーム。
   イ.原則として1事業所1チームとするが、従業員数に応じて複数チームの加盟を認める。
   ウ.事業所チームおよび事業所の許可を得ている事業所内クラブチームは社名を付けること。

  A クラブチーム(地域チーム)
   ア.市内に在住、在勤する者で構成しているチーム。
   イ.市内に居住または在学する学生で学生野球組織等に所属していない者は、クラブチームに所属
     することができる。
   ウ.クラブチームは、チーム名に地域名を付けること。

  B 学生チーム
   ア.市内に所在する学校等に所属する学生野球組織等に所属していない者で編成しているチーム。
   イ.全軟連が認めていない野球組織等に所属できない。
   ウ.学校単位で編成する学生チームは、学校名の後に「クラブ」をつける。

  Cチーム名称はおおむね12文字以内とする。

 (2)加入方法
  @ 所定の様式で申請を行い加盟審査会(1月/年1回)を経て理事会で審査し承認された場合、加盟
   が認められる。
  A 所定の様式は、協賛スポーツ店市体育協会事務局、その他に配置。

 (3)加盟申請
  @ 加盟申請を希望するチームは、加盟申請書に推薦書、相模原市野球協会登録票を添付し、指定する
   日までに指定する場所へ申請すること。
  A 選手登録人員は14名以上25名以内とし、全軟連登録の他チームに所属していないこと。
  B チーム代表者は、市内に在住・在勤する成人で既婚者とする。
  C チーム所在地は、市内であること。
  D チーム構成者がすべて40歳以上の場合は、シルバー級の登録となる。
  E 背番号は0番から99番とし監督は30番、主将は10番とする。
  F 加盟承認後登録申請を行うチームは、登録人員全員が傷害保険に必ず加入していること。

 2.ユニフォーム等

 (1)同一チームの各プレーヤーは、同色、同型、同意匠のユニフォームを着用すること。
   (アマチュアであるので、派手な色彩は自粛すること)
 (2)胸マークは日本字または、ローマ字とし、常識的な斜めまで認める。
 (3)ユニホームの袖の長さは両袖同一とし、左袖には県大会出場時に日本字または、ローマ字で県名を
   付けるため、他のマーク等を付けてはならない。ただし、右袖には、社章、商標、常識的なクラブ
   のマスコット等をつけても差し支えない。
 (4)首衿をつける場合は、2 cm以下とする。
 (5)背番号規格は、最小限15.2 cm以上、最大限長さ21 cm、幅16 cm、太さ4 cm以内とする。
 (6)背中に選手名をつける場合は、背番号の上にローマ字で姓のみとする。ただし、同姓の者がいる
   場合には、名前の頭文字を入れても良い。
 (7)胸番号、腰番号は常識的な大きさは認める。
 (8)ズボンのラインは3色までで、幅は3〜4 cmくらいとする。
 (9)帽子の色は3色まで、マークの幅は15 cm、高さは7 cm以内とする。 マークの色は、帽子の色を
   含めて4色までとする。日本字または、ローマ字とし常識的な斜めまで認める。
   ただし、社章、商標の登録をしていればマークとしての使用を認める。
 (10)スパイクの色、デザインなどは自由としチーム内での統一は不要とする。
   ハイカットのスパイクシューズの使用を認める。
 (11)アンダーシャツは、全員同色のものでなければならない。
 (12)会社の商標、商品マークを認めるがつけるところは限定される。

全日本軟式野球連盟規定細則抜粋

   1. 袖の長さは両袖同一で、左袖に日本字またはローマ字による都道府県名を必ず付けな
     ければならない。
(注:県代表チームの義務づけ)  また、ほかのものを付けてはならない

   2. ストッキングは、全員同色のものでなければならない。

 3.用 具

 (1)バット
   ・木製バット、接合バット、カーボンバットは認める。 ただし、金属/ハイコン(複合)バットは、
     JSBBのマークをつけた公認のものに限る。
   ・着色バットは木製、接合とも木目の見える程度の塗装とする。
   ・金属・ハイコンバットの色の制限はないが、単色以外の場合は連盟の承認が必要。
   ・マスコットバットを次打者席に持ち込むことは差し支えないが、プレイの状況に注意し、適切な
     処置をすること。
   ・競技場内での素振り用パイプ、リングの使用は禁止する。
 (2)グラブ
   ・グラブの色は投手以外制限なし。
 (3)マスク
   ・連盟公認のもの以外は使用できない。
 (4)レガース・プロテクター
   ・捕手はレガースとプロテクターを着用すること。
 (5)ヘルメット
   ・打者、次打者及び走者、ランナーズコーチはヘルメットを着用すること。
   ・捕手は、捕手用ヘルメットを着用すること。
   ・打者用ヘルメットを7個用意すること。
 (6)手袋、汗取りサポーターの使用は認める。 ただし、投手が手首にリストバンド、サポーター等を
    使用することを禁止する。
 (7)サングラスの着用
     サングラスは着用する以外、身につけることは認めない。
    (サングラスの反射「ミラー系」物の使用を認める)
 (8)その他
   ・試合規則、グラウンドルール等は、大会ごとに作成する競技運営に関する注意事項および関連
    する規則による。

 4.協賛スポーツ店

 (1)協賛スポーツ店として理事会の承認を得た場合は、協会より看板を貸与する。
    新規加盟を希望するチームの推薦権が与えられる。
 (2)責 務
   @ 申請書等の保管
   A 申請書の事務局への送付
   B 推薦チームの指導、監督
   C 年1回、協会登録及び説明会への参加
   D 推薦チームペナルティ時の連帯責任

 5.職業野球競技者で退団後の連盟復帰について

  円満退団後1年を経過した者で次の条件を具備した者に限り役員(審判員)、選手として復帰申請ができる。
   @ 職業野球対談者アマチュア復帰申請書 1通
   A 最終所属球団の円満退団証明書 1通
   B 履歴書(球団関係明細) 1通
   C 再び職業野球に復帰しない旨の誓約書 1通
   D 支部長意見書 1通

 6.その他

 (1)その他は全軟連規則、神奈川県野球連盟および相模原市野球協会会則による。
 (2)問い合わせメールアドレス sagamihara.sbc.1946@gmail.com
 (3)協会ホームページアドレス http://sagamiba.ptu.jp
 (4)携帯ページアドレス    http://sagamiba.ptu.jp/SBAkeitai.htm

ページの先頭へ戻る